HOME > 採用情報 > 新卒採用情報 > 社員を知る > 辻 鎮

社員を知る ―技術職―

辻 鎮

なくならない仕事
それがダイセキ。

辻 鎮
名古屋事業所 環境一部 生産技術課
2012年入社 大学院卒 工学研究科 都市創造工学専攻

一日の流れ

6:00 起床
7:00 家を出る
8:00 出社
8:30 始業
12:00 お昼休憩
13:00 仕事再開
18:30 退社

入社を決めた理由

日本の資源とエネルギーに貢献したい。

たとえ産業が変化しても、資源やエネルギーに関わる仕事はなくならない。そう考えて、資源やエネルギーに携わる仕事を中心に就職活動をしていました。
さまざまな業界の会社説明会に参加しましたが、ダイセキの「廃棄物を資源として利用する」という考え方に興味を覚えました。
産業が進化すれば、廃棄物も変化します。リサイクル技術を磨いていくことは、これからも社会から求め続けられるでしょう。ダイセキの一員として私もやってみたい、日本の資源とエネルギーに貢献したい、そう強く思ったことが、ダイセキに入社を決めた理由です。

現在の仕事

情報を正確に伝えることの難しさ。

私が所属する生産技術課は、「営業」と「生産」(ダイセキでは、廃棄物を“処理”するのではなく、再資源化物を“生産”すると考えます)の架け橋のような役割です。
廃棄物の処理では、まず事前に営業が入荷前の廃棄物のサンプルを入手し、最適な処理方法を考えます。そして、実際の入荷物を検査して、サンプルと違いがないかをチェックして、生産現場に報告します。
その中で、私の仕事は「入荷物の検査をして、現場に伝える」ことです。
難しいのは、どう正確な情報を伝えるか。毎日、さまざまな工場から廃棄物が持ち込まれます。作業内容や引取数量などの情報を、必要に応じて的確に現場に伝えるよう、いつも心がけています。

オフタイムの過ごし方

クラブ活動も盛んです。

ダイセキはクラブ活動も盛んで、アクティブな人も多いです。
私は、ワンダーフォーゲル部(登山などの野外活動をしています)、テニス部、バトミントン部に参加しています。
オンタイムもオフタイムも、充実した日々を過ごしています。

学生のみなさんへのメッセージ

就職活動では迷ったり悩んだりすることが多いと思いますが、一人だけで悩まずに友人や先輩に相談してみてはいかがでしょうか。また、悩んでいる友人がいれば話を聞いてあげてほしいと思います。
ダイセキに興味があれば、ぜひ会社説明会に来て、実際の処理施設を見てください。