HOME > 採用情報 > 新卒採用情報 > ダイセキを知る

ダイセキを知る

リサイクル率約90%。可能な限り再資源化する。

ダイセキは多くの自治体から産業廃棄物処理業の許認可を受けて、中間処理を行っています。 
産業廃棄物中間処理の「中間」という言葉は、廃棄物を最終処分場に埋め立てるために持っていく前処理の意味として使われており、その主眼は減量することにおかれています。そのため、一般的には「中間処理」とは脱水、乾燥、焼却、中和、破砕などの減量化するための処理を指します。 一方、ダイセキは廃棄物を減量化するだけではなく、資源として再利用することを第一に、燃料化やリサイクル原料として再資源化することを中間処理の役割と捉えています。そのためダイセキには、「焼却炉」も「埋立処分場」も一切ありません。
産業のあるところに、廃棄物は必ず発生します。資源の少ない日本において、ダイセキは廃棄物を「資源」と捉えて可能な限りリサイクルすることで、循環型社会の構築に貢献しています。

ダイセキと他のリサイクル会社との違い

一般的な産業廃棄物処理の流れ

一般的な産業廃棄物の中間処理

ダイセキの産業廃棄物処理の流れ

ダイセキでの産業廃棄物の中間処理

事業を詳しく知りたい人は、「事業内容」をご覧ください。

石油精製業から始まったダイセキ。液状系廃棄物処理が得意です。

産業廃棄物といってもさまざまな種類があります。そのなかでも、ダイセキが得意としているのは、廃油や廃水などの液状系廃棄物の処理です。というのは、菜種油の精製業として創業したからです。 石油精製業として蓄積してきた技術を活かして、廃油を再生し燃料として生まれ変わらせる事業をスタートしました。「環境」への関心が高まっていくなかで、液状系廃棄物の処理・リサイクルに関する研究・開発に注力し、技術力を向上させていくことで、今後も事業を拡大していきます。

歴史を詳しく知りたい人は、「沿革」をご覧ください。

1958年に廃油の再生事業をスタート。<発想>が違います。

ダイセキが廃油の再生事業をスタートしたのは1958年(昭和33年)です。当時はまだ「リサイクル」という言葉が一般的ではなかった時代でした。そんななか、時代を先取りしてリサイクル事業を手掛けたのは、基本的な考え方として<発想><構想><構造><実行>という経営理念があったからです。 産業が進歩していくにしたがって、処理困難な廃棄物も増加して、それをリサイクルする技術にもさらなる革新が求められます。ダイセキには、さまざまな<発想>を<実行>に移していく力があります。だからこそ、世の中が求める循環型社会の構築に貢献していけるのです。

経営の基本的な考え方を詳しく知りたい人は、「経営理念」をご覧ください。